意外?PCを使えない学生が急増中!

   

マジキチ速報 http://ift.tt/2ambFHE b7c4e11271941a19d18c1a425da06e16e2aa65691436427969

「PCを使えない学生が急増」の問題点
1: ダイビングヘッドバット(愛知県)@\(^o^)/
2016/08/04(木) 18:22:42.99 ID:5E4+20IH0
BE:342992884-PLT(13931)
「PCを使えない学生が急増」の問題点

 「PCを使ったことがない」という新社会人がここ数年増えている。
「若い人のほうがITに対してのスキルが高い」と思いがちだが、実際にはどうやらそうでもないらしいのだ。

【あいつはPCも使えないのか!】

 総務省の「平成24年通信利用動向調査」によると、「PC」の世帯普及率は75.8%となっているのに対し、「スマートフォン」の普及率は49.5%。
この調査で見られるのは世帯対象であり、世代別、個人ではない。そこで、内閣府の「平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」を見ると、
中学生までの「PCを所有している率」が諸外国に比べてかなり低い結果になっている。海外先進国の中学生の80~90%が自分のPCを所有しているのに対し、
日本は約30%しか持っていないのだ。

 いつから若者はPCを使わなくなったのだろうか。

 今の40~50代の大人たちが10代の1980年代、日本電気(NEC)製PC-8801、PC6001、PC9801、富士通FM-7を筆頭とした「マイコンブーム」
(当時はPCという呼び名ではなかった)があった。10代の少年たちは雑誌に掲載されたプログラム(主にBASIC)を入力してゲームがしたいがために、
親に頼んで高価なマイコンを購入してもらったものだ。

 もちろん、すべての40~50代がそうであったわけではない。あまり触れる機会のなかった人たちは社会人になってから、
会社の研修などを通じてPCのスキルを磨いていった。当時はPCを使いこなせる人が少なかったので、会社でたびたび研修などが開かれていた。

 またアラサー世代は1990年代の「Windows 95、98、XPブーム」を経験している。学生時代にPCを買って、Wordの使い方などを習得した人が多い。

 しかし今、PCに代わりメインプレイヤーになったのが「スマートフォン」だ。30代までの大人たちが遊びの中で学んだPCのスキルを持って
社会人になったのに対し、彼らは日常でPCを使っていない。文字入力もキーボードよりフリック入力なのである。

(続く)

※一部抜粋 全文はソースで


http://ift.tt/2ajJzg5


引用元
http://ift.tt/2az1SMK

続きを読む

 - 未分類 ,