【悲報】反トランプ派「まんこ!」「まんこの反乱!」「私たちはまんこ!」「私のまんこは掴み返すわよ!」「私のまんこの事は私が決める!」「まんこの権利!人権!」

   

マジキチ速報 http://ift.tt/2jwuI2k
【悲報】反トランプ派「まんこ!」「まんこの反乱!」「私たちはまんこ!」「まんこの力!」
1: サッカーボールキック(愛媛県)@\(^o^)/ [RO]
2017/01/24(火) 00:34:20.19 ID:wh+Q29bf0.net
BE:135853815-PLT(12000)

「フ゜ッシー」を公用語にした反トランフ゜テ゛モ(現地ルポ)

「プッシー(女性器)」という言葉が、氾濫していた。プラカードで頻繁に使われていた言葉だからだ。
 ピンクの色も氾濫していた。ワシントンの中心街は、見渡す限り、ピンクの毛糸帽「プッシーハット」の波だった。

 1月21日、「ウーマンズ・マーチ」と名付けられた反トランプデモの取材に出かけた。
 朝、宿を出て、バス停で最初に出会ったのは、このプッシーハットをかぶった5人連れの一家。彼らが持っていたお手製プラカードがまず、「プッシーの反乱!」。丁寧に、子宮のイラストまで付いている。

 ピンクの波は、プッシーという言葉が連なるプラカードも持参してきていた。
「このプッシーは、つかみ返すわよ!」
「私たちは、プッシー」
「私の性器のことは、私が決める」
「私の将来は、私のプッシー、つかませたりしない」
「プッシーの権利は、人権」
 さらに、女性も男性も、老いも若きも声を合わせて何度もこう叫ぶ。
「私の(彼女の)バジャイナ(女性器)、私の(彼女の)選択!」
 南部テキサス州から訪れていた若いビジネスウーマン、アイリーン・フラニガンに聞いた。
「プッシーとかバジャイナという言葉が飛び交っているのを、どう思う?」
「私だって、普段は使わない言葉だけど、今は『言わなければいけないことを言う』時なの。これがジャスティス(正義)だと思うわ」

 世界中の参加者が、「トランプ時代」を迎え、それを乗り越えて「前に進もう」という勇気を得た。
これまでは、トランプ氏とその側近から発せられる敵対的でネガティブなニュースに困惑していたが、何百万人もの人が連帯したことで、いいデトックスになった。
反対するだけでなく、何か前向きな行動を引き起こそうという引き金になったイベントとして、人々の心に残るだろう。

http://ift.tt/2jemoGP


※一部抜粋 全文はソースで



引用元
http://ift.tt/2ksfJue

続きを読む

 - 未分類 ,

×